事故での修理依頼です。

 

保険適用ですが、お客様のご意向により

交換ではなく修理依頼です。

ボルトに傷を付けたくない。

錆へのリスクを減らしたい。

お客様は、事故で心も傷つき、落ち込んでおられました。

私達にできる事は、お客様の車に対する心のケアと

お車を、事故前の状態へ正確に戻す事。

保険であっても、実費であっても変わりません。

お客様優先の修理を行います。

ちなみに、このお客様のお車は、今年の8月に当社で納車させて頂いた新車です。

私なら、新しい車がこんな風になってしまったら、立ち直れないかもしれません。

その気持ちを持ち、車体計測、4輪アライメント測定、コンピューター診断をします。

お客様の気持ちになり、徹底的に損傷を確認し数値化、写真に残します。

これは、全てお客様のお車を安全安心に修理するためです。

これは、当社へ入庫する修理のお車はお客様の承諾を得て全て行います。

料金が発生してしまうため、承諾を得ます。

病院でいう、問診、触診、レントゲン、CTと思ってください。

そして、結果を見て修理となりますが、お客様のご意向を重視致します。

今回でいえば、メスは使わないでください。傷を残したくない。

腹腔鏡手術で、最小限の傷で治療しましょう。みたいな感じです。

とりあえず、左前のタイヤの上のパネルからご紹介です。

IMG_0273IMG_3255

こちらを交換すると、ボルト類の外し作業があります。

ネジの頭は傷つき、塗装は剥がれ錆へのリスクがあります。

そこで、こちらを外さず板金修理をご要望通り行います。

とはいえ、パテまみれの鈑金は致しません。

パテまみれの鈑金は、俗にパテ金と言います。

そんな修理はしません。

IMG_0271

IMG_3264

綺麗に鉄板を修理致します。

そして、密着性を最大限にする為、当社では、下地にエポキシプライマーを塗装します。

鉄板に直接パテや、サフェーサーを塗布すると、ヒビ割れやサビの原因になります。

もちろん、エポキシを塗装する前は、入念に脱脂、洗浄しサビへのリスクを取り除きます。

実は、写真にはないですが、もう一つ工程が隠れています。そちらは、お見せできませんが、極限までの防錆をするための工程を施してあります。

明日は、左後ろのタイヤの上のパネルを修理します。

お楽しみに。

修理に関する事何でもお問い合わせください。